福岡で脂肪溶解注射を受けられるクリニックを探しました

カラダにやさしい“脂肪溶解注射”を受けられるクリニックin福岡

発表!福岡の脂肪溶解注射おすすめクリニック TOP4

「脂肪溶解注射って
ホントに大丈夫かな...」と
決心できないアナタに!


脂肪溶解注射(メソセラピー)
疑問に答えます

脂肪溶解注射クリニックランキングin福岡 » 決心できないアナタに! 脂肪溶解注射の疑問に答えます » 脂肪溶解注射のダウンタイムとアフターケアを紹介

脂肪溶解注射のダウンタイムとアフターケアを紹介

部分痩せを叶えたい、胸を小さくしたい…という女性の願いを叶えてくれる脂肪溶解注射。

脂肪吸引と違い体への負担が少なく、すぐに元通りの日常生活を送れることで人気の手術方法です。

しかし、脂肪溶解注射にもダウンタイムはあります。

その内容や、脂肪溶解注射後にできるアフターケアをチェックしていきましょう。

脂肪溶解注射のダウンタイムは?

脂肪溶解注射は注射をするだけで脂肪細胞に働きかけ、部分痩せを叶えるという手術。

メスを入れることなく数分で終わらせることができ、ダウンタイムも脂肪吸引などの大がかりな手術に比べると少ないことから人気の手術です。

しかし、ダウンタイムがゼロというわけではありません。

薬剤が合わなかったり、量が適切でなかった場合は炎症のような反応が出るケースもあります。

注射した部分が腫れたり、熱を持った感じがするという場合もあります。

また、筋肉痛のような痛みが出る人もいるようです。

日常生活に大きく支障が出るほどのダウンタイムはありませんが、不快な思いが続く可能性もありますので、脂肪溶解注射に関するダウンタイムの知識は前もって知っておきましょう。

脂肪溶解注射のダウンタイムの期間は1週間程度

脂肪溶解注射後のダウンタイムは、術後すぐから長くても1週間程度です。

術後のダウンタイムが気になるという方は、1週間程度は大きな予定を入れず安静にしておくことをおすすめします。

ダウンタイムをより少なくした脂肪溶解注射も

脂肪溶解注射はダウンタイムが少ないことが特徴ですが、最近ではよりダウンタイムの軽減に特化した脂肪溶解注射も登場しています。

また、注射の量や位置の見極めなどには高い技術力も必要となるため、実績がありクチコミのいいクリニックを選ぶことも重要です。

脂肪溶解注射後のアフターケアは?

脂肪溶解注射後はアフターケアが大切です。なにもせずに放置しているとダウンタイムが長引いたりしこりが残ったりと不安要素が大きくなってしまいます。

自宅でできるアフターケアをチェックしましょう。

アルコールを控える

脂肪溶解注射後は体を過度に温めることはおすすめしません。血の巡りがよくなり、体を温めてしまいますので、当分は飲酒も控えておきましょう。

せっかく脂肪細胞を破壊したのに、アルコールのおつまみなどで太るような生活に戻ってしまうのはもったいないですよ!

入浴を控える

こちらもアルコールと同じ理由で、体を温めすぎてしまいます。腫れや痛みの原因となってしまうかもしれません。

シャワーはOKですが、じっくり湯船に浸かったりサウナに入ったりするのは控えましょう。

激しい運動を控える

激しい運動も血の巡りを活発にし、体を温めてしまいます。

また、腫れや痛みなどがある場合はその部分への負担にもなり、ダウンタイムが長引いてしまう可能性も。

術後1週間くらいは、安静に過ごすことをこころがけましょう。

水分補給をしっかり行う

脂肪溶解注射を打つと、その薬剤によって溶かされた脂肪は尿となって排出されていきます。尿を頻繁に出しやすくするため、また体内の水分不足を防ぐためにも、水分補給はいつも以上にしっかり行うようにしましょう。

マッサージはクリニックの判断を仰ぐ

脂肪溶解注射後のマッサージには慎重になる必要があります。術後すぐに行っていいというクリニックもあれば、術後1週間はできるだけ触れないようにと指示するクリニックも。

これはクリニックによって使用している薬剤が違うということもありますが、そのクリニックの考え方の違いも大きく影響しています。

脂肪溶解注射の効果を確実に得るためには独断でマッサージなどは行わず、クリニックの判断に従うようにしてください。

 
 
福岡で脂肪溶解注射を受けられるクリニックを探しました