福岡で脂肪溶解注射を受けられるクリニックを探しました

カラダにやさしい“脂肪溶解注射”を受けられるクリニックin福岡

発表!福岡の脂肪溶解注射おすすめクリニック TOP4

「脂肪溶解注射って
ホントに大丈夫かな...」と
決心できないアナタに!


脂肪溶解注射(メソセラピー)
疑問に答えます

脂肪溶解注射クリニックランキングin福岡 » 決心できないアナタに! 脂肪溶解注射の疑問に答えます » 福岡で純度の高い脂肪溶解注射はできる?

福岡で純度の高い脂肪溶解注射はできる?

脂肪溶解注射と内臓脂肪の関係

内臓脂肪とは、内臓の周りを包むようについた脂肪のことを言います。皮下脂肪は脂肪吸引などの治療法で取り除くことが可能ですが、内臓脂肪は臓器を傷つける恐れがあるため吸引ができません。ただし、内臓脂肪は増えすぎることで生活習慣病の原因にもなるため対策をしておいた方がよいでしょう。部分痩せに効果が高いと言われる脂肪溶解注射。脂肪細胞にある膜を薬剤の入った注射で溶かします。ただ、脂肪溶解注射が皮下脂肪には作用しますが、直接内臓脂肪を減らすことができるという訳ではないのです。ただ、脂肪溶解注射を受けることで皮下脂肪が減ることで、体が軽くなる感じがします。内臓脂肪は皮下脂肪よりも、運動や食事を変えることで減らすことが可能。内臓脂肪が多く、将来の生活習慣病が心配と言う人は、脂肪溶解注射を受けて皮下脂肪を溶かして分解し、その後定期的な運動や食事療法をして内臓脂肪を減らすことで、リバウンドの恐れが低い、理想的な体を手に入れることができるのです。

最新の脂肪溶解注射薬剤とは

脂肪溶解注射に使われる薬剤の種類を見てみましょう。脂肪溶解注射の際に主に使用されている、脂肪を溶かすとされる薬剤は、「フォスファチジルコリン」です。また、「デオキシコール酸」という薬剤も使用していたり、他の薬剤を使っていたりする、あるいは二種類の薬剤をブレンドしていたりするクリニックもあります。例えばある美容クリニックでは、フォスファチジルコリンをベースにして、そこに脂肪燃焼効果の高い「L-カルニチン」という成分や、筋肉量をアップすると言われる成分をプラス。脂肪を溶かしながら基礎代謝量も増やす目的の薬剤を注射に使用しています。脂肪溶解注射を使用する業界で最先端と言われているのが、イタリア製の「ミケランジェロ」という薬剤です。これは、主成分のフォスファチジルコリンに「デオキシコール酸Na」というナトリウム成分やL-カルニチン、カフェインなど数種類の成分をブレンド。これらの成分が代謝を促し、更に体内に水分が溜まるのを防いで排出を促進させます。この薬剤は痩せたい部分にピンポイントで注射をすることで、その部分の脂肪細胞が分解。脂肪細胞が減少することで部分痩せが可能となります。従来のフォスファチジルコリンだけを含む脂肪溶解注射では、人によって注射後に腫れや内出血、痛みを発症する場合がありました。一方、「ミケランジェロ」は痛みを抑制する効果もあるため治療後の生活も普段通りに送ることが可能です。

純度の高い脂肪溶解注射を受けるメリットとは?

脂肪溶解注射の薬剤に含まれる成分は色々ありますが、注射をすることによって高い効果を得るためには、薬剤の純度と言う面にも注目をしてください。純度という言葉を辞書で調べると、「ある物質中に,その主成分である純物質が占める割合」と出てきます。つまり、脂肪溶解注射に使われる薬剤の主成分の純度が高ければ高いほど、高い痩身効果が期待できるのです。脂肪溶解注射の薬剤の主成分はほとんどがフォスファチジルコリン。この成分自体はFDA(Food and Drug Administration=米国食品医薬品局)から認可を受けているため安全性に問題はないと言われています。ただし、その成分の純度が100%かどうか、あるいは100%に近いものであるかどうかはよく確認しておきましょう。脂肪溶解成分が高純度であれば、たとえ他の成分を配合していなくても脂肪の溶解に作用すると言えます。クリニック選びの際に、薬剤に注目するのもポイントです。脂肪溶解注射のクリニック選びの際は、薬剤の純度が高いかどうかを確認しながら慎重に行ないましょう。

「表参道スキンクリニック 福岡院」の脂肪溶解注射

JR博多駅から徒歩数分の場所にある「表参道スキンクリニック 福岡院(旧 NAOクリニック)」は、無理なく理想なボディラインになることをコンセプトに、痩身美容メニューのひとつに脂肪溶解注射を取り入れています。このクリニックでは安全面を考慮した脂肪溶解注射が注目されていて、実績も多数。脂肪溶解注射を行う他のクリニックが、脂肪を溶かす効果の他に色々な成分を配合している中で、表参道スキンクリニックはフォスファチジルコリンを主成分とした純度100%の薬剤を採用しています。動脈硬化などの治療薬として使われていたことから安全性への問題はありません。また、世界の脂肪溶解注射でも同じ成分の薬剤が使われています。高純度の薬剤は脂肪細胞に直接届き、細胞の数を減少させることでリバウンドを阻止。脂肪組織も外へと排出されます。表参道スキンクリニックでは、脂肪溶解注射と併用して医師が適切な内服薬を処方し、患者さんが理想の体型を目指すサポートをしているのです。

福岡県「エルムクリニック」の脂肪溶解注射

福岡市の地下鉄天神駅の近くにある「エルムクリニック」。このクリニックのメニューにある脂肪溶解注射は、「リピシー(Lipi-C)」という薬剤を使用しています。この薬剤は、肝機能障害を改善するための治療薬として使われていました。主成分はフォスファチジルコリンで、脂肪の消化を促すデオキシコール酸をプラス。二種類の成分が脂肪分解の効果を高めてくれます。フォスファチジルコリンのみの脂肪溶解注射では、人によって腫れや痛みを感じる場合がありますが、リピシー(Lipi-C)は従来に比べ痛みや腫れが軽減されると言われます。また、エルムクリニックでは顔の部分痩せにも脂肪溶解注射を採用。小顔注射には、「BNLS注射」という、数種類の植物を主成分とした薬剤を使用しています。植物それぞれにむくみ減少への作用や、血液循環を高める作用があり、さらにはリンパの循環をアップさせるなど、脂肪を溶かし小顔にさせる効果があるほか様々な相乗効果があるのです。BNLS注射は顔への注射を主に使われるため、従来の脂肪溶解注射の薬剤よりも腫れが出ることがなく、治療効果がすぐに表れやすいのもメリットです。

「聖心美容クリニック」の脂肪溶解注射

西鉄福岡天神駅より徒歩5分のところにある「聖心美容クリニック」。このクリニックの脂肪溶解注射は、フォスファチジルコリンが主成分です。注射で体内の脂肪を溶解し、さらに「インディバCET」という高周波温熱トリートメントを使って体を芯まで温めることで脂肪が燃えるのを促します。インディバCETは代謝を高める効果もあり、脂肪溶解注射の効果がさらに高まると言われます。このクリニックでは、新たに「脂肪溶解注射FatX(ファットエックス)」という新メニューも登場させました。このメニューでは、従来の脂肪溶解注射の効果にある脂肪細胞を減少させるだけではなく、サイズも小さくすることが可能です。細胞のサイズを小さくさせ、数を減らすことは、リバウンド効果がさらに高まることが期待されます。脂肪細胞がなくなった後にはコラーゲンが作られているので、皮膚がたるんでしまうことが抑えられます。全身の部分痩せに適用できるほか、小顔に対しても効果が高い治療法です。脂肪溶解注射FatXの主成分はデオキシコール酸で、アメリカでも承認した安全性が高い薬剤を使用しています。

「城本クリニック」の脂肪溶解注射

天神大牟田線の西鉄福岡駅が最寄りの「城本クリニック」は美容クリニックの中でも長い歴史を持つクリニックです。このクリニックの脂肪溶解注射は、高品質で知名度もあるイタリアのメーカーが製造する薬剤を使用しています。このメーカーは多くの種類の脂肪溶解注射向け薬剤を開発していて日本のクリニックに提供。薬剤メーカーを選定するにあたっては、品質管理と製造過程、入手ルートを厳しくチェックした上で信頼性のある製剤がイタリアのメーカーだったとのことです。城本クリニックでは、安い価格で低い効果の薬剤を脂肪溶解注射に使用したり、本来の濃度を薄くしたりしているクリニックがあることを懸念していて、今後も品質が高く、正規の入手ルートで入荷できる薬剤を使用していくとしています。

脂肪溶解注射については、クリニックによって特徴や方法が異なります。痩身効果をより高めたいなら、成分の純度が高い薬剤を使用しているかどうかをチェックすることも重要。どのクリニックでも施術開始前に丁寧なカウンセリングを行なっているので、疑問や不安な点は事前カウンセリングでクリアにしましょう。

 
 
福岡で脂肪溶解注射を受けられるクリニックを探しました