福岡で脂肪溶解注射を受けられるクリニックを探しました

カラダにやさしい“脂肪溶解注射”を受けられるクリニックin福岡

発表!福岡の脂肪溶解注射おすすめクリニック TOP4

「脂肪溶解注射って
ホントに大丈夫かな...」と
決心できないアナタに!


脂肪溶解注射(メソセラピー)
疑問に答えます

脂肪溶解注射クリニックランキングin福岡 » 決心できないアナタに! 脂肪溶解注射の疑問に答えます » 施術費が割引になる?福岡の脂肪溶解注射のお得情報

施術費が割引になる?福岡の脂肪溶解注射のお得情報

そもそも脂肪溶解注射とは

痛みを緩和するため、1952年にフランス人医師によって開発された治療法が、脂肪溶解注射(メソセラピー)の始まりです。ビタミンや薬剤などを体内に注入する治療法で、その安全性の高さから、現在世界19か国において取り入れられています。脂肪溶解注射の場合は、体内の脂肪細胞に薬剤を直接注射。なかなか落としきれなかった脂肪やセルライトを溶かしていきます。体内に注入された薬剤は、脂肪やセルライトと一緒に、自然と体外へ排出されるため安心してください。多くの病院で使われている脂肪溶解剤の主成分は「ホスファチジルコリン」。米国食品医薬品局、別名FDAの認可を受けている、安全性の高い成分です。しかし、病院によっては、薬剤をいくつかブレンドしている場合も。使用する薬剤を公表しているか、またその薬剤は安全なのかを確認して施術を受けるようにしましょう。

 

脂肪溶解注射のメリット

脂肪溶解注射のメリットは大きく分けて3つあります。まず1つ目は、ピンポイントでの痩身治療が行えること。気になる二の腕や足の脂肪・セルライトに効果が期待できます。また、内容量や位置を医師が微調整し、自然なボディラインに仕上げることも可能です。2つ目のメリットは、痛みが少ないこと。注射の針は極細タイプを採用されているため、施術箇所の痛みが少ないと言われています。施術後にはそのまま普段の生活に戻れるほどです。メスを入れないため、体への負担も少ないと言えるでしょう。最後に紹介するメリットは、施術時間の短さ。注射のみの施術となるため、およそ510分で終了します。ダウンタイムの少なさも魅力のひとつで、忙しい仕事や家事の合間を縫って、施術を受けられることでしょう。

 

脂肪溶解注射の副作用について

メリットの多い脂肪溶解注射ですが、薬剤を使用しているため、副作用がないとは言い切れません。施術前に、副作用についても勉強しておきましょう。まず注意したい点は、術後の痛み。薬剤により、術後の体内では脂肪細胞が破壊されていきます。その影響で患部が腫れたり内出血が起こったり、むくみや筋肉痛が起こるケースもあるようです。多くの場合、数日経てば収まっていくため心配はいりませんが、不安な人は事前に、どの程度の副作用が考えられるのか、担当医師に確認しておきましょう。次に注意しておきたい点は、薬剤アレルギー。安全性が高いと認められた薬剤を使っていたとしても、体質によってはアレルギー反応を起こす場合もあります。また、「ホスファチジルコリン」は大豆を原料とした成分になるため、大豆アレルギーの人は施術を受けないように注意が必要です。

 

病院の選び方

脂肪溶解注射がどういった治療なのかをしっかりと把握できたら、早速病院選びを始めましょう。しかし福岡県内だけでも、複数の病院で施術が受けられるので、どこを選べば良いのか迷う人も多いことでしょう。病院選びのポイントは3つあります。1つ目は、使用している薬剤が信用できること。前述したとおり、安全性の低い薬剤を使用、または悪質にブレンドすることで、費用を抑えているケースがあります。検討している病院の公式ホームページを閲覧し、カウンセリング前に確認しておくと安心です。次のポイントは、病院の施術実績。施術実績が多い病院ほど経験値が多く、さまざまな状況に対応できると言えるでしょう。望んだ痩身効果を得るためにも、豊富な経験と技術を持った医師を探すことは重要です。最後に見逃せないポイントは、費用。同じ治療を受けても、病院によって価格が異なる場合が多いため、複数の病院を比較検討する必要があります。安ければ良い!というわけではなく、安全性と価格のバランスが整った病院を選ぶことが大切です。ここからは、調査の結果、おすすめしたい福岡県内の病院をご紹介します。

 

エルムクリニック

エルムクリニックは、福岡と広島、岡山の3カ所で開院している美容皮膚科です。それぞれの地域に根差した治療を目指しています。3カ所、どこのエルムクリニックでも脂肪溶解注射が可能です。使用している薬剤は「リピシー(Lipi-C)」。こちらは、韓国食品医薬品安全庁、別名KFDAから安全性を認定されている薬剤です。肝機能を改善させる治療薬として承認されていることもあり、安心して施術を受けられるでしょう。エルムクリニックによると、従来の薬剤より痛みや腫れが少ないとされている薬剤です。個人差はあるものの、目に見える効果は23回ほど施術を受けてから。2週間に1度のペースで注射すると、約12カ月後に効果が出始めます。施術後すぐではなく、徐々に効果が出ることで、皮膚のたるみが起こりにくくなります。なお、福岡院は、形成外科・美容皮膚科のみやびクリニックと提携。万が一の場合にも対応できる体制が整っていて、安心できる病院と言えるでしょう。気になる脂肪溶解注射の価格は、1カ所につき12,960円です。しかし、エルムクリニックの場合、6カ所で64,800円。まとめて申し込むと1回分お得になります。二の腕や足など、気になる箇所をまとめて施術してみてはいかがでしょうか。

 

城本クリニック

全国に27の院を持つ城本クリニックは、30年以上の長い歴史がある病院です。全国各地に病院があるため、どこに住んでいても治療に通いやすいのではないでしょうか。長年の経験値と多くの医師が所属している点は、城本クリニックの強み。多くの症例数に信頼を置き、カウンセリング予約を申し込む人も多いようです。城本クリニックの脂肪溶解注射は2種類。プロモイタリア社が開発した「セルフォーム」と、「BNLS」を使用しています。「セルフォーム」は、「リピシー(Lipi-C)」と同じく「ホスファチジルコリン」を主成分とした薬剤で、城本クリニックではさらにLカルニチンを配合。より高い効果を目指しています。一方「BNLS」は、アミノ酸やヒバマタ(海藻)抽出物などが調合された韓国製の薬剤。主に顔の脂肪溶解を目的として開発されましたが、現在は体用の「BNLS」も用意されています。早い場合、施術3日後頃から効果が見られ始めるため、できるだけ早い痩身効果を求める人から選ばれている治療法です。さらに、「デオキシコール酸」を追加配合した、「BNLSneo」は、より脂肪溶解効果が強い薬剤となっています。どの薬剤も正規ルートで調達されているため、安心して治療を受けられるでしょう。価格はメソセラピーで1カ所25,000円、1クール(3回)60,000円。「BNLS」・「BNLSneo」は、小顔(1本)14,000円、体(1本)9,500円です。まずは無料のカウンセリングで、医師に相談してみてください。

 

表参道スキンクリニック 福岡院(旧NAOクリニック)

表参道スキンクリニックは、東京と名古屋、大阪、福岡、沖縄の5カ所で治療を行っているクリニックです。患者が痛みを感じにくく、不安を和らげられるような治療を心掛けています。カウンセリングには特に力を入れていて、カウンセラーによる事前カウンセリングと担当医師による専門的なカウンセリングを実施。患者さんが安心して施術を受けられるよう、1時間~1時間半ほどかけ、施術内容やリスク、術後の状態などを詳しく説明します。表参道スキンクリニックの脂肪溶解注射も、城本クリニック同様2種類。大豆由来の薬剤と天然由来成分の「BNLS」・「new BNLS neo」です。どちらも最短10分~15分ほどで施術は終了します。では、気になる価格を見ていきましょう。大豆由来の脂肪溶解注射は1本、50,000円。「BNLS」は1本(1cc15,000円となっています。「new BNLS neo」の場合は、1本(1cc)につき20,000円と少し高くなるため、注意が必要です。なお、表参道スキンクリニックの「BNLS」・「new BNLS neo」には、別途1dayスリムフェイスと1dayスリムボディというメニューも用意されています。1dayスリムフェイスは通常価格、1本(1cc)で4,950円ですが、Web初回予約に限り3,950円。1dayスリムボディは通常価格、1本(1cc)で3,950円のところWeb初回限定価格は2,950円です。表参道スキンクリニック 福岡院の魅力はWeb初回割引が用意されていること。実は「BNLS」も初回に限り、1本(1cc9,500円で受けられるのです。まずは効果を実感して欲しいと特別に用意されています。まずは無料カウンセリングを受けて、治療の説明を詳しく聞いてみてはいかがでしょうか。

 

今回紹介した3つの病院は、どちらも安全性の高い薬剤を使用しています。もちろん他にも信頼できる病院は多数あるのですが、中でもお得に施術が受けられる病院をご紹介しました。それぞれの病院の特色を整理し、安心して通える病院を探してみてください。

 
 
福岡で脂肪溶解注射を受けられるクリニックを探しました